読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

baby blue

music / film / miscellaneous

感想

ルーム(ネタばれです)

6月24日、浜松シネマイーラにて。個人的に2016年上半期ベストの作品です。 ブリー・ラーソンは「ショート・ターム」を観たことがあったのですが、この作品で若くしてオスカーを穫ったのには驚きました。けれど、実際に観てそれにも納得。母親として、我が子…

Mommy/マミー 感想

時間開き過ぎていつの映画の感想なんだと言う感じですが、書き留めておいたのがまとまったので更新します。(年を越えるつもりはなかったのに越えてしまいました…) 2015年6月5日、浜松シネマイーラにて。グザヴィエ・ドランの監督作は「トム・アット・ザ・…

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール

8月13日、センチュリーシネマにて。ベルセバのスチュアート・マードックが監督と言う事で、ずっと日本での公開を楽しみにしていました。今年は特に音楽に関する映画が多かったなーと言う印象なんですが、その中でも音楽は勿論、ロケーションやファッションな…

ラブストーリーズ コナーの涙/エリナーの愛情(ネタばれです)

5月23日、静岡シネギャラリーにて。エリナーの愛情と、どちらを先に観ようか迷ったのですがネットで「コナーの涙」が先の方が良いと言う意見が多かったので、「コナーの涙」→「エリナーの愛情」の順番で観ました。本当は2日連続くらいの間隔で観たかったの…

はじまりのうた 感想

4月25日、浜松シネマイーラにて。 いや〜もうすっごい良かったです!実は予告を見て、映画を観る前にサントラを購入したのですが、その時点で結構好きな曲があって、それがスクリーンで流れるって言うのがやっぱり至福の体験だなと思いました。 特に印象に残…

博士と彼女のセオリー 感想

3月14日、TOHOシネマズにて鑑賞。前評判の高さから結構期待して観に行ったのですが、その期待を上回るとても素晴らしい作品でした。まず何と言っても主演2人の演技が素晴らしく、言葉で語らなくても表情を見ているだけで涙腺が緩む事数回。きっとこの映画で…

ブルックリンの恋人たち 感想

アン・ハサウェイが主演のほかプロデューサーも務め、ニューヨークを舞台に描いた恋愛映画。人類学博士号を目指し、モロッコに暮らすフラニーは、ミュージシャン志望の弟が交通事故で昏睡状態に陥ったため、家族が暮らすニューヨークに戻ってくる。弟の意識…

6才のボクが、大人になるまで。 感想

2月28日、TOHOシネマズ浜松にて鑑賞。県内で唯一の上映だったシネギャラリーでの上映を観逃してしまい、もう映画館では観られないかと半ば諦めていたのですが、オスカー効果か(地方民には本当にありがたい!)浜松のTOHOシネマズで上映してくれることになっ…

トム・アット・ザ・ファーム 感想(ネタばれ)

監督第3作「わたしはロランス」の劇場公開によって日本でも注目を集めるカナダの若き才能グザビエ・ドランが、カナダ東部ケベック州の雄大な田園地帯を背景に、閉鎖的な家族と地域を舞台に描いた心理サスペンス。恋人の男性ギョームが亡くなり悲しみに暮れる…

誰よりも狙われた男(ネタばれ) 感想

ドイツのハンブルグで諜報機関のテロ対策チームを指揮するバッハマン(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、密入国した青年イッサをマークする。イスラム 過激派として国際指名手配されているイッサは、人権団体の女性弁護士アナベル(レイチェル・マクアダ…

ショート・ターム(ネタばれです)

ティーンエイジャーをケアする短期保護施設で働くグレイス(ブリー・ラーソン)と、同僚でボーイフレンドのメイソン(ジョン・ギャラガー・Jr)。子供が 出来たことをきっかけに、2人の将来はささやかながら、幸せなものになるかと思われたが……。誰にも打ち…

天才スピヴェット 感想

「アメリ」のジャン=ピエール・ジュネ監督。2Dと3Dで迷ったのですが、3Dのほうがいいと言うレビューを目にしたので3Dで観ました。結果、正解でした。主人公の考えていることなどが実際に映像で出てくるのですが、3Dで観る事でそのおとぎ話度が倍増していて…

フランク 感想(ネタばれ)

1月2日、浜松シネマイーラにて。あらすじは省きます。一言で言うと、ちょっとしょっぱい後味の作品でした。 最初は結構コメディ要素が強いのですが、少しずつシリアスな感じになっていきます。その割合がすごくいい感じでした。またドーナル・グリーソン演じ…

ゴーン・ガール(ネタばれです)

12月12日、TOHOシネマズにて。 とっても面白かったです!デヴィッド・フィンチャー監督だけあって、何とも言えない後味が今回もとても好みでした。 ベン・アフレックって今までほとんど出演作を観た事がなくて、たぶん彼の演技を初めて本格的に観たのですが…

インターステラー 感想

クリストファー・ノーラン監督のインターステラーを観て来ました。 率直な感想は、「小難しい話は良くわからないけど良かった!」と言う感じ。相対性理論が云々、ブラックホールとホワイトホールが云々、と言うのは一応劇中でさらっと説明されていますが元々…

アバウト・タイム 〜愛おしい時間について〜 感想

10月18日、TOHOシネマズにて。ラブアクチュアリーは定期的に観たくなる映画のひとつなのですが、その監督のリチャード・カーティスの引退作と言うことで観て来ました。 主演のドーナル・グリーソン(もうすぐ公開の「フランク」にも出演していますが、何とス…

her/世界でひとつの彼女 感想

スパイク・ジョーンズ監督の「her/世界でひとつの彼女」を観ました。8月27日、浜松シネマイーラにて。 詳しいあらすじは省きますが、観る世代によっても色んな感想を持ちそうな映画だなあと思いました。私はどちらかと言うと、SNSもあまり活発にやらないし…

アデル、ブルーは熱い色 感想(ネタばれです)

「アデル、ブルーは熱い色」を観ました。8月22日、浜松シネマイーラにて。とても良かったです。見終わった後、帰りの道中でずっとこの映画のことを考えてしまう作品でした。 前評判では過激さばかり取り沙汰されている印象でしたが、それよりもアデルの気持…

シンプル・シモン 感想(少しネタばれです)

映画『シンプル・シモン』予告編 - YouTube 8月13日、浜松シネマイーラにて。 すごく良かったです。チラシを見て、もうこれは絶対観に行こうと思っていた映画で、実際オープニングで既に「これ絶対好きだわ」と思ったのですが、最初の期待を上回る素敵な作品…

チョコレートドーナツ 感想(ネタばれです)

8月8日、浜松シネマイーラにて。 とっても良かったです。エンドロールで流れるRufus Wainwrightを聴きながら、じんわりと目が潤むような作品でした。 1970年代はアメリカですらまだゲイなどのマイノリティに関して理解がない時代。ゲイのカップルがダウン症…

グランド・ブダペスト・ホテル 感想(ネタばれ)

7/25、浜松cinema e_raにて。 ウェス・アンダーソンの監督作は、去年ムーンライズ・キングダムを観て以来。今までの彼の作品は結構観ていますが、このグランド・ブダペスト・ホテルが今までの中でいちばん好きかもしれません。 まず何と言ってもキャストが豪…

コーヒーをめぐる冒険 感想

6月28日、浜松cinema e_raにて。モノクロの映画ってどうにも眠くなってしまうので観るのを迷ったのですが、一週間の公開だし、ドイツ映画だし、と言うことで観に行って来ました。主人公のニート青年「ニコ」の一日を描いたストーリー。このニコが若いくせに…

ウォールフラワー 感想

映画『ウォールフラワー』予告編 - YouTube 1/31、浜松cinema e_raにて鑑賞。すごく良かったです!観る前は普通の学生生活を描いたものなのかと思っていましたが、登場人物それぞれに悩みや葛藤を抱えていて、一筋縄では行かない青春ものでした。 とは言って…

The King's Speech

現エリザベス女王の父親、ジョージ6世。ひどい吃音だった彼と、彼を支える妻のエリザベス、彼の治療にあたるスピーチセラピストの物語。 まず特筆すべきはコリン・ファースの素晴らしさ。とても繊細で思慮深い、人間味溢れる国王を熱演しています。自らの吃…

127 Hours(結構ネタばれしてます)

アメリカ・ユタ州の渓谷でトレッキング中に、ふとしたアクシデントにより自分の腕が岩と岩の間に挟まれ、身動きが取れなくなってしまったジェームズ・フランコ演じる主人公。水も食料も底をつき…と言う、Aron Ralstonの実話を基にした作品。 映画はほとんど…

The Way Back

第二次世界大戦中、ソ連にスパイの疑いをかけられ、シベリアの強制収容所に入れられたポーランド兵士。彼と、そして彼と共に決死の覚悟で収容所を抜け出した仲間たち、彼らの1年にも及ぶ自由を求めたインドへの旅を描いた実話に基づいた作品。 旅は何度か危…

Somewhere

2ヶ月ほど前の話ですが、London Film Festivalにて見てきました。Sofia Coppolaの映画自体は特別好き、と言う訳ではないんですが、音楽のチョイスが良いのでついつい見てしまう、と言うのが本音。もちろん、映像の淡い色使いや俳優さんの配役も好きなんだけ…

Inception

ずっと見たくて、でもなかなか時間が取れずに半分諦めてたんだけど、やっとのことで見れました。いや〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ほんっっっっっっとに面白かった!!!ここ数年で見た映画の中で、「面白さ」と言う点ではダントツな気がします。先に見た人の話を聞…

アリス・イン・ワンダーランド

こちらでは先週から公開してるので、見てきました。せっかくなんで3Dで。原作の話は何となくしか知らないし、英語も全部理解できた訳ではなかったけど、だいぶ楽しめました!個人的にはスウィーニー・トッドより断然こっちが好き!もともと原作も子供心にち…

かいじゅうたちのいるところ ※ネタバレです

原作は未読なのでそれと比べてどうこうというのは言えないのですが、とてもとても良かった。

(500)日のサマー ※ネタバレです

公開を待ち続けて約一年*1。やっと観れました。すごく素敵で甘くて切ない映画でした。 *1:id:slowrider:20090118

セントアンナの奇跡

感動を煽るような予告ですが、これはそう言った類いの映画ではなかった。観終わって私の心に一番残ったのは、戦争、そして人間の残虐さ、愚かさ。 スパイク・リーらしく黒人の差別もひとつのモチーフではあるけれど、今回はそれよりももっと大きな、人種と国…

天使と悪魔

6/24、TOHOシネマズにて。はっきり言ってユアン・マクレガーだけを目当てに観に行きました。でもって、ダ・ヴィンチ・コードがつまらなかったので*1、こちらは原作も未読で内容は全く期待してなかったんですけど、今回は意外と面白かったです。謎解き+タイ…

MILK

5/17,CINEMA e_raにて。すごく良かったです。ゲイに対する偏見や差別が満ちていた時代。そしてそれが当たり前であった時代に、カミングアウトし、マイノリティのために表に立って活動すると言うことは、苦難の連続だったはず。けれどそんな彼や仲間の活動が…

PARIS

5/5、CINEMA e_raにて。ロシアン・ドールズ以来*1のセドリック・クラピッシュ。いろいろな日常を送る人々。それぞれの悲しみ、喜び、葛藤が描かれていて、地味だけど良かったと思います。何気なく送っている生活の中の、何気ない出来事。それを普通に体験す…

スラムドッグ$ミリオネア(ちょっとネタバレあり)

今日ようやく観て来ました。今年7本め。 最初の場面から、ぐぐっと入り込んで観てしまいました。「走る」シークエンスと言うのは、トレインスポッティングの頃からずっと、ダニー・ボイルの真骨頂を発揮する場面だなあとつくづく。逃げる、追いかける、その…

ラースと、その彼女(ちょっとネタバレ)

3/7、CINEMA e_raにて。今年5本め。寒い冬の間の話なのに、ほっこりと心温まるお話でした。登場人物にみんな悪意がないのがすごくいい。心に余裕のない時に観るといいと思う。ラースは客観的に観ればどう考えても精神的におかしいのに、そんなラースを拒絶…

007 慰めの報酬

2/28、TOHOシネマズ浜松にて。すごく面白かった!アクションシーンがすごいのはもちろんなんだけど、ダニエル・クレイグがカッコ良過ぎる。めちゃクール。今まで007って観たことなくて、ダニエル・クレイグがジェームズ・ボンドになってからのは観たいなあと…

この自由な世界で

ロンドン。アンジーはひとり息子を持つシングル・マザー。職にめぐまれず、息子は両親に預けっぱなし。働いていた職業紹介所を、またも理不尽な理由でクビになった彼女は、思いきってルームメイトのローズと自分達の職業紹介所を立ち上げる。アンジーは持ち…

ロルナの祈り

2/14、恵比寿ガーデンシネマにて。今年2本め。うーん、今回のは自分には解釈が難解でした。ダルデンヌ兄弟の作品は、「ある子供」以来なので、彼らの作品にはラストに何となくほんのりと希望が灯っているような印象を持っていたんだけど、今回はちょっと違う…

イントゥ・ザ・ワイルド ※ネタバレです。

今年一本め。TOHOシネマズ浜松にて。実在の青年の旅の軌跡を綴ったロードムービー。監督はショーン・ペン。若い時には、いや、歳を取ってもなお、人間が抱える葛藤や苦悩。彼のそれを若さ故のことだとは決して言うことはできない。ただ、彼は若過ぎて、自分…

観た

プレステージ コレクターズ・エディション [DVD]出版社/メーカー: ギャガ・コミュニケーションズ発売日: 2008/01/01メディア: DVD購入: 3人 クリック: 28回この商品を含むブログ (97件) を見る 面白かった!クリストファー・ノーランなのでちょっと観てみよ…

エンジェル

エンジェル [DVD]出版社/メーカー: ショウゲート発売日: 2008/07/02メディア: DVD クリック: 26回この商品を含むブログ (24件) を見る 今年見逃してDVDを観ました。すごく良かった!フランソワ・オゾンやっぱり好き。やっぱりこの人の視点って女性のドロドロ…

アクロス・ザ・ユニバース

12/21、松菱劇場にて。The Beatlesの曲を33曲使用したミュージカル映画。楽しめました!正直ビートルズは真面目に聴いたことはほとんどなくて、一般的に認知されている曲くらいしか知らないんだけど、それでも知ってる曲たくさんあった。ミュージカル映画っ…

観たDVD

めぐりあう時間たち [DVD]出版社/メーカー: アスミック・エース発売日: 2005/11/25メディア: DVD クリック: 37回この商品を含むブログ (100件) を見る だいぶ前に観たので詳しくは省きます。リトル・ダンサーのスティーヴン・ダルドリーが監督と言うので観た…

落下の王国(ちょっとネタバレ)

TOKYO!

9/13、伏見ミリオン座にて。ミシェル・ゴンドリー、レオス・カラックス、ポン・ジュノの3人による東京をテーマにしたオムニバス。それぞれの個性が出ていて、それなりには楽しめましたが、期待していた程ではなかったかなあ。ストーリー的にはミシェル・ゴン…