読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

baby blue

music / film / miscellaneous

clap your hands say yeah@渋谷クラブクアトロ

行ってきました。いやーーーーーもう楽し過ぎた!!!実は私の期待は半端なかったのですが、それを軽く上回るめっさ楽しく素敵なライヴでした。多分今までライヴ行った中で、こんなに期待を上回ってくれたのって初めてかも。
えっと、第一印象は音が案外しっかりしてると思った。CDで聴いてるよりもがっつりしてて音に厚みがある感じ。でも声はあのまんま!素敵なへろへろボイスだなーと改めて思いました。実はボーカルの人の顔も何となく分かる程度くらいの認識しかなかったので、全員出てきて改めてへーこういう感じなのかーと思った。左側でタンバリン叩いてる兄ちゃんがやたらキュートでしたね。あとボーカルの人の動きが面白い。何かギター弾きながら踊ってるんだけどその動きが奇妙な生き物のようで思わず笑ってしまった。
今回は後ろのほうでまったり見てたんですけど、みんなすごく盛り上がってて楽しかった!てかあれは楽しいよ。耳から音が入ってくると、体が勝手に動いちゃうの。何だろうあの感覚は。手も自然に叩きたくなる。フロア全体にそんな幸せな空気が流れていて、ほんとすごく楽しかった。私は妙にうきうきとしてしまって、多分ひとりでにったらにったらしてたので超怪しかったとおもいます。
曲が始まる度に歓声が上がって、あ〜みんな待ってたのね〜って思いました。「The Skin Of My Yellow Country Teeth」とかかなり盛り上がってた。あと未発表曲も全部で5曲やってました。個人的に嬉しかったのが「Graceful Retreat」。ネットで聴いたときにもうすごく好きで、すごく聴きたかったから嬉しかった!ここから「In This Home On Ice」までもうめちゃめちゃ感激しました。「In This Home On Ice」は、やっぱりすごく名曲だなあと思って、イントロ始まった瞬間から鳥肌立ちまくりで、もうずっとこの音に浸っていたい!と思った。そう言えば「Satan Said Dance」がライヴで聴くとめっさ良かった!音源聴いた時は変な曲と思ったんだけど、昨日も最初はお客さんの反応薄かったのが、どんどん反応良くなってって最後には結構盛り上がってました。曲の力でそこまで持ってけるのがすごいなーと思った。
ライヴ自体はMCほとんど無しでちゃっちゃと進む感じだったので、8時15分にはもう終わってたと思います。短かったけど、中身がぎゅっと詰まった濃いライヴだったので大満足。終わったばっかなのにもう既に渇望状態なのですがどうしよう。夏はフジ説がありますので必ず這ってでも行こうと思います。とにかくほんとに楽しかった!!!また絶対行きたい!!!と痛切に実感したライヴでした。

セットリスト

1.Let The Cool Goddess Rust Away
2.Over And Over Again (Lost And Found)
3.The Skin Of My Yellow Country Teeth
4.Details Of The War
5.Graceful Retreat
6.Is This Love?
7.Cigarettes
8.In This Home On Ice
9.Wet Dynamite
10.Gimme Some Salt
11.Satan Said Dance
12.Upon This Tidal Wave of Young Blood



1.Clap Your Hands!
2.Me And You Watson
3.Heavy Metal