読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

baby blue

music / film / miscellaneous

9/1 Stars@Heaven,London

live

旅行記の合間に突然ライヴレポを挟みます。忘れないうちに。
2008年の3月のBroken Social Sceneとのライヴ以来、約2年半ぶりのStars。
新しいアルバムは出たのは知ってたんだけど、"Fixed"しか聞いてなくて、ロンドンでライヴがあるのを知ってから聞き始めたので、通して数回しか聞いてなかったんですが、ライヴで聞いた方が数倍良かった気がします。
ライヴ自体はニューアルバムの中の"He Dreams He's Awake"からスタート。この曲、アルバムでは中盤に入ってますけど、実際ライヴの幕開けにすごくふさわしい曲だと思いました。これから始まるんだ、と言うふうに、気持ちが曲と合わせて高揚していく感じ。そしてその後はニューアルバムと従来の曲を交互に挟むような形のセットリスト。個人的にはやっぱり"One More Night"が好きだな〜しみじみ。ただ前回のライヴではトランペットを使っていたところがキーボードだったのがちょっと残念でした。いや、もちろん十分素敵だったんだけど、あのトランペットが曲の持つ切ない感じを助長する感じですごく印象的だったのを今でも覚えているので。あと"We Don't Want Your Body"が、音源で聞いたときにはどちらかと言うと好きじゃなかったんだけど、ライヴで聞いたらめちゃめちゃカッコ良かったです。
ライヴ本編は"Your Ex-Lover Is Dead"で終わり、そしてその後アンコールは"Dead Hearts"から、"Ageless Beauty"。何回聞いてもほんっっとにいい曲。
そしてライヴを通して思ったのは、やっぱりボーカルの2人の声がすっごく好き。なんかしみじみと聞き入ってしまう。しっとりとしていて、それはやっぱりライヴで聞いても一緒で、この2人が一緒のバンドにいて良かったな〜なんて思ったりしました。そして最後はしっとりと"The Aspidistra Flies"。
ちなみに客層は、多分20代の人がほとんどだと思います。落ち着いた感じの人が多かった気がする。あと会場は高架下にあるところで、天井とかが(多分)レンガ作りでなかなか素敵な会場でした。
にしても旧アルバムの曲の方が断然反応が良かった。みんな新しいアルバム、あんまり聞いてないのかな〜なんて思ったり。あとStarsのライヴでは定番なのかわかりませんが、ステージから花がたくさん投げられていて、私は後ろの方で見てたので全然取れなくって残念でした。
ロンドンでライブハウスみたいな小さなところでライブを見るのは初めてだったんですが(She & Himは2階で椅子で見たので)、割とゆったりと見られて良かったです。そしてやっぱりStarsは大人の雰囲気でステキでした。また何回でも見たいとつくづく思いました。

SETLIST
01. He Dreams He's Awake
02. Set Yourself On Fire
03. The Passenger
04. One More Night
05. How Much More
06. Time Can Never Kill The True Heart
07. Undertow
08. We Don't Want Your Body
09. Fixed
10. Going, Going, Gone
11. Take Me to The Riot
12. I Died So I Could Haunt You
13. Wasted Daylight
14. Heart
15. Elevator Love Letter
16. Your Ex-Lover Is Dead
Encore
17. Dead Hearts
18. Ageless Beauty
19. The Aspidistra Flies