baby blue

music / film / miscellaneous

ちょっと前の記録

千代保稲荷

f:id:slowrider:20150920125334j:plain

 

Antique cafe road 掛川秘境のカフェ/アンティーク/古道具

f:id:slowrider:20150926150816j:plain

 

さぬきうどん 和や

f:id:slowrider:20160115113053j:plain

2016年下半期 鑑賞記録

相変わらず全然感想書けてませんが、2016年は劇場での映画鑑賞本数は自分史上過去最多だったんではないかと思います。以前は名古屋まで行かないと観られないものが結構あったんですが、今は有り難い事に観たい作品は浜松のシネマイーラで8割方上映してくれます。シネマイーラで上映しないものは静岡市にあるシネギャラリーでうまいことカバーできるので、この2館に感謝しきりです。

でも今年はものすごく心に響く作品があまりなかったと言うか、どれも「良かった」とは思うものの、この先もずっと大切にして行きたい作品にはあまり巡り会わなかった気がします。ただこれはおそらく個人的な問題だと思うんですよね。他の方の感想やSNSなどを見ていても、2016年は豊作だったのは間違いないと思うので。

そんな中でも特に良かった作品を挙げるなら、裸足の季節、ブルックリン、ルーム、でしょうか。普段アニメーションは観ないのですが、ソング・オブ・ザ・シーも良かったな。どうしても1年を振り返ると後半に観た作品の印象が強くなってしまいますね。

と言う訳で本来ならベスト10とか書くのかもしれませんが、とりあえず2016年後半の鑑賞記録。

 

7/1 グランドフィナーレ◆
7/2 マジカルガール◆
7/9 好きにならずにいられない★
7/10 オマールの壁★
7/17 エクスマキナ
7/23 アイヒマンショー◆
7/29 ミラクル・ニール!◆
7/31 シチズンフォー◆
8/6 いしぶみ★
8/7 ブルックリン★
8/27 シングストリート◆
9/2 教授のおかしな妄想殺人◆
9/3 帰ってきたヒトラー
9/9 X-MEN:アポカリプス
9/10 或る終焉◆
9/16 裸足の季節
9/17 シン・ゴジラ
9/23 スーサイドスクワッド◎
10/21 スタートレック ビヨンド◯
10/22 エイミー◆
10/23 トランボ ハリウッドに最も嫌われた男◆
10/29 奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ◆
10/30 ブリジットジョーンズの日記 ダメな私の最後のモテ期◎
11/4 インフェルノ
11/12 PK ピーケイ◎
11/18 高慢と偏見とゾンビ◆
11/19 ソング・オブ・ザ・シー 海のうた◆
11/26 太陽のめざめ◆
12/2 リトル・ボーイ 小さなボクと戦争◆
12/9 グッバイサマー◆
12/10 ヒップスター★
12/16 ウィー・アー・ザ・ベスト!★
12/17 ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅◎
12/22 歌声にのった少年◆
12/23 ベストセラー 編集者パーキンスに捧ぐ◆
12/24 ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー◎

◆=浜松シネマイーラ ★=静岡シネギャラリー ◎=TOHOシネマズ ◯=ユナイテッドシネマ豊橋18

ルーム(ネタばれです)

f:id:slowrider:20160924163209j:plain

 

6月24日、浜松シネマイーラにて。個人的に2016年上半期ベストの作品です。

ブリー・ラーソンは「ショート・ターム」を観たことがあったのですが、この作品で若くしてオスカーを穫ったのには驚きました。けれど、実際に観てそれにも納得。母親として、我が子に部屋の外で人生を歩んで欲しいと言う決死の覚悟での作戦。失敗すれば、2度と我が子には会えないかもしれないと言う、ジャックが部屋から連れ出されて行き扉が閉ざされる時の表情、そして救出されてパトカーにいる息子を必至で呼ぶ表情に圧倒されました。

しかしこの脱出までの緊迫感溢れる前半から一転、部屋から脱出をして、それからの人生も母親である彼女には厳しいものだったのですね。外の世界に出た事のないジャックが子供ならではの柔軟性故か意外とスムーズに順応して行くのに対し、彼女の7年間は想像以上に重かったのだと言う事が、観ていて感じられました。

子役のジェイコブくんの演技も勿論素晴らしかったけれど、ウィリアム・H・メイシー演じる父親や祖母の再婚相手のレオなど、脇を固める大人たちもそれぞれの立場での苦悩や気遣い等が見て取れ、実際はドラマのように娘が帰って来て大団円、と言う風には行かないのだと痛感しましたし、「その後」が描かれている所がこの作品の素晴らしい部分なのでしょうね。

実際に起こった事件をモデルにしていることもあるしあまり見返したいタイプの作品ではないですが、とても心に響く作品でした。